スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★桜もち☆
★桜もち☆

20070603144913.jpg


■材料 (16個分)
1 道明寺粉   200g
2 砂糖    30g
3 水     300g
4 紅麹パウダー(食紅)  適量
5 塩     少々
6 こしあん  240g
7 桜の葉   16枚
8 桜の花の塩漬け 16個分(なくてもよい)



■作り方:
1 あんは15gずつ測って、丸めておく。
  桜の花の塩漬けは水に放って塩抜きしておく。
20070603162020.jpg


2 桜の葉は、12分ぐらい水に浸け、塩抜きしておく。
  (お好みで10~15分ぐらい)

3 水に紅麹を入れちょっと色づくぐらいにし、そこに道明寺粉を入れて混ぜ、ラップをして電子レンジで7分ぐらいでチンする。

4 ラップのまま10分ほど蒸らす。

5 お砂糖と塩を混ぜ、しゃもじでよく混ぜる。

6 ボールの中で8等分して手に水をつけ、手で半量ずつにしながら伸ばしあんこ玉をくるみ、上に花を乗せる。

20070603162724.jpg


7 葉にくるんでできあがり。

20070603162919.jpg



■ポイントと感想!
 作りたてが一番おいしい! ぴったりラップを巻いていたら翌日でもOK。
 乾燥したら超マズイ~。(←体験者)
 簡単で、と~ってもおいしいからオススメです。
 市販のこしあんは、甘み控えめタイプがsaki♪は好みです。
 ちなみに、使った画像は24個作ったときのものです。  

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
中学校の文化祭のバザーのあんこもち150パックに40kgのあんこを使用しました。昨年使用したあんこは、近所の和菓子屋さんの卸業者に頼んだらしいのですが、あんこを10km離れた工場まで車で取りに行く、容器を洗った後に返しにいかなければならない、「あんこ」と言いつつ実
2007/06/06(Wed) 14:12:53 |  材料がたくさんあります
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。