スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんちゃってアップルパイ♪
なんちゃってアップルパイ★

アップルパイ1


■材料(約10cm角4~8こ分)

りんご 1~2個
砂糖  好きな甘さになるぐらい
バター(マーガリン) 5~10g
レモン汁 (あればでいい)
シナモン (お好みで)

パイ生地 1~2枚
餃子の皮 4~8枚

(ここからはなくてもOK)
卵黄 1こ分
水 小1

ジャム
ラム酒

■作り方
1 耐熱容器に小さく切ったリンゴに砂糖を振り入れしばらく置いてべちゃべちゃになったら、
  バターを乗せて5分以上適当にチン。
  (途中ときどき混ぜてね。透明感が出て汁気がほぼなくなったらOK)
  お好みでシナモンを振り入れる。

2 餃子の皮の真ん中に、1を適当に乗せ、周り1周に水をつける。

3 冷凍パイ生地を麺棒で適当に正方形に延ばして4等分し、
  2にかぶせてしっかりくっつける。
  * パイ生地のふちは押さないで、餃子の皮通り丸く押さえる。

4 卵黄に水を混ぜたものをはけてササッとええ加減に塗る。
  (きっちり端まで塗る必要なし!)
  ハサミでちょんちょんと切り目を入れる。

5 210度で15分ぐらい焼く。(焼き色を見てね)

6 熱々の間に、アプリコットジャムなどをラム酒などのお酒で薄めたものを
  刷毛でちゃちゃっと塗る。
   ツヤツヤ~☆
アップルパイ2

   できあがり~♪


■ポイント&感想
パイ生地は、常温に出し過ぎてるとべちょべちょになって扱いにくいよ~。
延ばす寸法は、餃子の皮がちょうど隠れるぐらいに調整してね。
(上の画像参照)

卵黄を塗ってるので、焦げ始めるとアッという間に真っ黒に!?
もうすぐ完成かな~って時は、見張ってた方がええよ。

卵黄水も、後のジャム酒も、おしゃれに見せるためのものなんで、省略可能。

リンゴの甘さはすごく差があるため、砂糖の量は自分が好きな甘さになるまで、
入れたらOK。
ex. 20~30g

ふにゃふにゃのリンゴがたくさんあったんで、何かお菓子を作りたくて。
パイ生地を冷凍室から取り出してみたら、ちょっとしかなかった。
で、餃子の皮は苦肉の策。
ちなみに、餃子の皮とリンゴのフィリングだけが余った場合、単に餃子の皮の真ん中に入れて、
半分に折ってそのままオーブンの隅っこに置いて一緒に焼いたらちょっとしたおやつに。
オーブントースターでも大丈夫。
アップルパイ3  アップルパイ4


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。