スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★桜もち☆
★桜もち☆

20070603144913.jpg


■材料 (16個分)
1 道明寺粉   200g
2 砂糖    30g
3 水     300g
4 紅麹パウダー(食紅)  適量
5 塩     少々
6 こしあん  240g
7 桜の葉   16枚
8 桜の花の塩漬け 16個分(なくてもよい)



■作り方:
1 あんは15gずつ測って、丸めておく。
  桜の花の塩漬けは水に放って塩抜きしておく。
20070603162020.jpg


2 桜の葉は、12分ぐらい水に浸け、塩抜きしておく。
  (お好みで10~15分ぐらい)

3 水に紅麹を入れちょっと色づくぐらいにし、そこに道明寺粉を入れて混ぜ、ラップをして電子レンジで7分ぐらいでチンする。

4 ラップのまま10分ほど蒸らす。

5 お砂糖と塩を混ぜ、しゃもじでよく混ぜる。

6 ボールの中で8等分して手に水をつけ、手で半量ずつにしながら伸ばしあんこ玉をくるみ、上に花を乗せる。

20070603162724.jpg


7 葉にくるんでできあがり。

20070603162919.jpg



■ポイントと感想!
 作りたてが一番おいしい! ぴったりラップを巻いていたら翌日でもOK。
 乾燥したら超マズイ~。(←体験者)
 簡単で、と~ってもおいしいからオススメです。
 市販のこしあんは、甘み控えめタイプがsaki♪は好みです。
 ちなみに、使った画像は24個作ったときのものです。  

スポンサーサイト
手作り・だしポン酢!??
★手作りだしポン酢!?★

20070603143427.jpg



■材料 (全て適当)
  酢  (ボトルの半量)
  醤油 (ボトルの半量)
  かつお節 1パック?
  出汁昆布 数センチ?

20070603142523.jpg



■作り方

1.ボトルに出汁昆布、かつお節を入れる。

20070603142614.jpg


2.酢をボトルの半分まで入れる。

3.残りに醤油を入れる。

    おしまい!


* 特別篇

1.だし醤油を使い切った後のかつお節と昆布を取り出し、適当にハサミで切る。

2.耐熱のお皿などに入れ、水を適当に入れ、チンする。

    酸っぱい昆布の佃煮のできあがり! (^○^)

20070603142708.jpg



■ポイント&感想
  saki♪家ではこの“だしポン酢”をテーブルに常駐。
  何にでも使えるけど、一番よく使ってるのはサラダ。
  この“だしポン酢”をジャ~とサラダにかけ、上から好みの油をちょこっと回し掛ける。
  saki♪家ではまってるのは、ウドオイル。(身体にいいらしいけど、超高級)
  後は、オリーブオイル、ゴマ油、菜種油など、その時の気分で。

  冷や奴、湯豆腐、揚げ物、野菜のスティック、お浸しなど、なんにでもかけて食べてるよ~。
  そうそう、餃子にはラー油とお酢を足してね。
  この手作りを覚えてからは、市販のポン酢を買わんようになったなぁ。
  慣れてきたら、好みでお酢やお醤油の配分を調整してね~。

  オススメは、おいしいお酢と本物の醤油を使うこと。
  saki♪家では、千鳥酢を使ってます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。